大雄寺について大雄寺 境内案内体験 坐禅体験・写経体験年間行事地図・アクセス

坐禅体験・坐禅研修・修行


坐禅感想-ただ楽しいから

私が大雄寺の坐禅会に通い始めて早4年余りが過ぎました。既に私の生活習慣の一部に定着してしまい、もう切り離すことができなくなりました。

私は、申し訳ないのですが、多趣味で土日にはいろいろな予定が入っています。しかし、先ず第一に考えるのが坐禅のことです。最近よく友人に聞かれることですが、日程調整しているとき、「その日はダメだ、坐禅があるから」とか、土曜日の夜遊んでいる時も「明日坐禅なので帰るね」とか言うと、「坐禅して何になるの」「坐禅楽しい?」と聞かれます。その時は、「まあいろいろとね。」とか「楽しいよ」とか答えますが、いざ真剣に坐禅について考えると、あれ何で坐禅しているのだろう?と疑問視したことも少なくありません。

正直に言うと、私が坐禅に通い始めたのは、会社の同僚が通っていたので興味本位で参加しただけです。
坐禅は無の世界とか精神鍛錬の修行の場とか、仏の道を極めるとかイメージがあって坐禅をしている人は立派だという固定観念があると思いましが、私は全く持って正反対の人間です。
坐禅中は無なんて程遠く雑念の塊です。では、何故坐禅をしているのか?答えは容易に見つかりました。「楽しい」からです。ただ楽しいから通っています。何も利得も考えず、第二・第四日曜日は大雄寺の坐禅に行く、ただそれだけです。今は必ず出席している状況ではありませんが、近い将来皆勤できると思っています。私は坐禅はそれでいいと思っています。坐禅を始めたときの感情と今の感情は全く違っていますし、五年十年後の感情も今のそれとは違ってきているでしょう。それはそれでいいと思っています。

月に二回45分座る。単純なことです。でも物凄く大変なことでもあります。
気背わず、無理せず坐禅を続けます。
何年も続けて、過去を振り返った時、何かを知り、何かを得られた、と信じています。



坐禅体験、坐禅修行、禅修行
般若心経 写経、写経会、写経体験
大雄寺公式パンフレット 大雄寺読本「諸堂拝観」お申込み・ご注文はこちら
「枕返しの幽霊」ご注文はこちら